<   2018年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

勝山左義長まつり 2018

春を焦がれる祭、勝山左義長まつりに行ってきました。

e0015174_20213088.jpg


昨年撮らせてもらった女の子たちをたずねてプリントを渡す旅が今年も始まりました。


カメラはT2に50-140mmとE1に35mm f2であります。



心をハレのヴァイブスになじませようと、まずはストリートの端から端まで流すことにしたのですが、ちょうど真ん中辺りでお目当ての娘をみつけてさっそく声をかけました。
プリントを渡すとたいそう喜んでくれたのでこちらもうれしくなってしまいました。

e0015174_20220153.jpg



今年の福井といえばぜひ雪バックで撮らないといけませんねと言って、幹線道路の歩道のほうへ移動していただきハイチーズしました。

e0015174_20222564.jpg



フジロックのグリーンステージ的役割のやぐらがありまして、そこで見つけたアイドルを出待ちして撮影させてもらいました。

e0015174_20233727.jpg

e0015174_21405699.jpg

e0015174_21425664.jpg


おなじくグリーンステージにて。

e0015174_21472876.jpg

出待ち。
e0015174_20230323.jpg




メインストリートに並走する2番通りのやぐらにて本日2組目のプリンテッドガールズを発見。休憩時間を見計らって声をかけました。
昨年撮影した時はほとんど話をしなかったのですが、撮影されたことはうすらぼんやりとおぼえているみたいなことを言ってくれて、またしてもうれしい気分になりました。

e0015174_20240217.jpg
e0015174_19411367.jpg

e0015174_19420824.jpg

e0015174_19424666.jpg


時は過ぎ、夕刻になってさらに1人発見。
叩いて、唄って、弾いてと大活躍でいらっしゃいました。

e0015174_19485266.jpg

e0015174_19502946.jpg


e0015174_19510496.jpg

e0015174_20243280.jpg



最初に会った娘が一番奥のやぐらにいたよ、という情報を得て行ってみたところ、別のお目当ての女子に出会いました。

e0015174_20250560.jpg

e0015174_19561394.jpg


というわけで、今回は用意した写真をすべてお渡しすることができました。すっきり。
今年また写真を撮らせてくださった勝山ガールズの皆様方、ありがとうございました。来年また持って行くよ。


この日はあいにくの雨でした。僕の使っているカメラ用レインコートは液晶画面とファインダーのところが透明ビニルになっているタイプなのですが、冬の寒さのもとで使用すると手の汗で透明部が曇ってしまうという弱点を発見いたしました。


さて次回のお祭りは近江八幡左義長まつりの予定です。こちらはたくさんプリントを用意してしまったので、2days全力で歩き回りたいと思います。

それではまた。







[PR]
by ft_south | 2018-02-28 20:38 | スナップ | Comments(0)

思い出し日記 4

2/13 (火)

 血中悪玉コレステロール値が高いという共通項で話すようになった同僚のじいさんがいる。彼はその対策として、フジッコのタブレットを飲んで善玉を増やしていると言った。カスピ海ヨーグルトのフジッコである。オレの口にする真実と彼の誤解がもたらすプラセボの価値をくらべる。真実の価値は思ったよりも小さい。


2/14 (水)

 大雪である。深すぎる新雪を前にしてかわいい娘が難儀していたのでドアまでのアプローチをスコップで圧雪してやった。いっぽう、そうでない娘が難儀していたのはスコップを引きずりながらスルーした(鼻ホジ)。おいらの仕事は幹線通路の除雪屋さん。わきの通路は管轄外。かわいこちゃんが得しただけで、そうではない娘が損ではないよ。自分のことは自分でやって、みんな今日を生きている。



2/15 (木)


 5年前まではツイッターで宅急便の配達員を叩くのが国民の気軽な憂さ晴らしだったのに、今それをやると非国民になる。善悪の判断が日和見だ。運送屋さんの労働環境が改善されたらまた揺り戻しがあるのだろうか。



2/16 (金)


 春からのリフォームに際して書棚の中身をあらためる。これをきっかけに屁理屈のネタを処分するのだ。ザバンドの唄にのせて本をダンボールに詰める。「take a load off Fanny , take a load for free」。もうサブカルとはおさらばするんだ。売り払った金でビールでも飲んでションベンにして流してやろう。






[PR]
by ft_south | 2018-02-18 22:55 | 日記 | Comments(0)

思い出し日記 3

2/5(月)


 甥に「男のくせにすぐ泣くな」と言おうと思ったが、男女の社会的役割を押し付けるのはよくない、みたいなしゃらくさいことを言う奴らのことが思い浮かんだのでそのまま捨て置いた。ツリーハウス、僕の名はアラム、ぼくのおじさん、どの小説でも叔父さんというのは「役立たずという役割」をもって登場する。あそびや無駄を許さない社会において、正論は親や先生に任せておっちゃんこと自分は不良役でいこうかしらんと思う。


 「蛇行する月」読了。三浦しをん、角田光代、絲山秋子、みんなおもしろいけど桜木紫乃が一番しっくりくる。




2/6(火)


 大雪である。ツイッターをみてハッとした。あきらめる、とは1時間除雪して1時間かけて通勤することだと思っていた。否、会社を休むことなのだ。自分が生まれついての奴隷根性の持ち主であることがわかった。




2/7(水)


 命に関わる災害に少しだけ近づいて、ふだん考えないようなことに思いを馳せた。まずは自分の現在位置を確認する。そしてまだやり残していることを拾い上げ、ほこりを払い棚に並べる。仕上げにユーチューブをひらきマーシーの唄を聴く。70年なら一瞬の夢さ。




2/8(木)


 自分は生活者である。朝起きてめしを食い仕事に出る。週末の夜にうまい酒を飲み、好きな女ができれば口説く。そんな自分がカメラをもって写真を撮っているのだ。まず守るべきは生活である。




2/9(金)


 着エロアイドルの動画を無料DLできるサイトに出会う。人生は一期一会。

 頭の中にも日常が戻ってきた。


 「ふがいない僕は空を見た」読了。大満足。作者の他の作品も読んでみたい。映画も見直したい。





[PR]
by ft_south | 2018-02-12 17:02 | 日記 | Comments(0)

思い出し日記 2

1/29 (月)


 色彩が美しいといわれる映画「ムーンライト」はしっくりこなくて、同じく「ララランド」は面白いと感じた。白身魚は10年早い、マグロかブリの大トロでも注文してなさいと言われたよう。はぁ。じぶん、カレーとオムライスでいいですわ。




1/30 (火)


「ベイビードライバー」のトレイラーをみた。劇中の車、インプレッサーを見ると同時に思い出したのが昔の同僚とのこと。彼はインプレッサーオーナーで、ある日「いや~今晩、インプの会があるんスよぉ~」と言った。自分はといえば血気盛んの頃。ええぇ!淫婦の会ぃぃ!!という具合である。僕も連れてけと言ったら、あなたはどうせ仕事でしょ~と返される。インプレッサーのBGMには「ヒゲとボイン」がよく似合う。



1/31 (水)


 突如イーグルスのヘビロテ期間がやってくる。イーグルスは「俺たちが一番こんな風に録音したいと思うアコギサウンド」の手本である。ヘッドホンをかぶり部屋の電気を消して、テキーラサンライズの前奏が始まればたちまちギター少年になる。





2/1 (木)


 子供用ヘッドホンを探しに家電量販店へ行く。不意に店内の鏡にうつる自分を見てあまりの老け様にぞっとする。目の下のクマ、垂れた頬肉、ツヤのない髪。小汚い服。

 僕のツイッターには若い女の子の写真が次々に流れてくる。レタッチされた理想的な肌、長く美しい手足が24時間休むことなく舞い踊る。家電屋での事は、まるで、知らないうちに玉手箱を開けていたかのような出来事に思える。あるいは玉手箱は自分で開けるとは限らないのかもしれない。





2/2 (金)


 姪が幼稚園で豆まきを習ってきたらしい。それならばやってみろと、床屋でもらった節分の豆をヒカキンのやってる青鬼にむかって投げさせる。macの液晶にむかってだ。甥とふたりして、犬はよろこび庭駆け回るの沙汰である。


[PR]
by ft_south | 2018-02-04 11:36 | 日記 | Comments(0)

スマホをもたない日曜カメラマン PS、ipodによりios入手(2017.8)


by ふみ