人気ブログランキング |

カテゴリ:泊まり旅( 45 )

戦場ヶ原

夏季休暇の前半に、奥日光の戦場ヶ原に行ってまいりました。

e0015174_20142125.jpg



関越道沼田で降りたのちルート120で金精峠を超えて入山しました。



湯元という小さな温泉街のテント場をキャンプにして行動しました。街のメイン通りにあるビジターセンターで受付をしてから少し離れたテン場に移動します。テン場の駐車場は休暇村のそれと兼ねているうえ、ハイシーズンということもありなかなか駐車スペースが空きません。一旦駐車したならばもう車を動かしたくはないものです。



e0015174_20203242.jpg


上の写真の左側へとさらに敷地が展開しており、炊事棟もあります。


こちらのキャンプ場は駐車場からのアクセスが良く、設備は整い、値段が安いので多くの人で賑わっていました。そのかわりに、寝る時間になっても赤ん坊の泣き声や、酔っ払った夫が妻に拒まれるコントや、偏執狂的に炭火をうちわでパタつかせる近所の音が気になってなかなか寝付くことができず、耳せんを持ってこれば良かったと後悔するばかりでありました。また、隣のテント内に大発光量のライトがともっており、人が出入りするたび漏れる光は僕のまぶたに白く突き刺さるのでした。アイマスクも欲しいところです。



テント設営後は、湯の湖から戦場ヶ原を経て、中禅寺湖手前の竜頭の滝まで、片道2.5hの散策路を歩きました。


湯の湖から戦場ヶ原までは湯の川沿いに歩きます。下りです。

e0015174_21144546.jpg




湯滝。
e0015174_21144944.jpg

e0015174_21150610.jpg

e0015174_21150958.jpg




戦場ヶ原。

e0015174_21200074.jpg



アザミ。

e0015174_21200454.jpg




復路は小田代ヶ原経由。ちょうど日が落ちてきた頃でした。

e0015174_21351485.jpg



黄色の花、ピンクの花、白樺。

e0015174_21351661.jpg


次の朝、湯の湖にて。

e0015174_21400703.jpg



テント撤収後、せっかくなので東照宮まで足をのばしました。


東照宮手前の小路。

e0015174_21515461.jpg



権現様のお墓へと続くステアウェイより、お社群のいらか。

e0015174_21520197.jpg



教科書でしか見たことのなかったあぜくら造り。少し感動。

e0015174_21520589.jpg




朝、テント内の気温は16.5℃でした。ロンTにパンイチで3シーズン用シュラフに入ってちょうど良い湯加減です。クーラー病に蝕まれた体には高原遊びの療養がおすすめです。


それでは。



by ft_south | 2019-08-17 09:46 | 泊まり旅 | Comments(0)

連休2

結局は道の駅にて車中泊。ぐっすり眠れるわけもなく、夜中のうちに出発とあいなりました。
途中、191号に切り替え日本海沿いをキープしてドライブしました。


萩。

時折しも明治維新150周年キャンペーン中。

鉄を溶かす炉、のえんとつ。明治日本の産業革命遺産とのこと。
インターネットやスマホがもたらす革命の遺構に未来人はどのようにして触れることになるのだろう。

e0015174_19221243.jpg


城下町にて。

上級武士の住宅エリア。

e0015174_19403143.jpg



中、下級武士の住宅エリア。高杉や桂小五郎の家があります。
そして萩は夏みかん推しの街でありました。

e0015174_19411202.jpg



藩の学校。明倫学舎。

e0015174_19453817.jpg



私塾。

e0015174_19461862.jpg

e0015174_19465934.jpg



アーケードストリート。

e0015174_19481647.jpg


キネマ。
かかっているタイトルはローマの休日、ハリポタ、KUROSAWA。

e0015174_19514205.jpg



港町エリア。

e0015174_19551463.jpg

e0015174_19584867.jpg


夏みかん

e0015174_19594501.jpg

e0015174_20001741.jpg

e0015174_20004934.jpg

e0015174_20010552.jpg



といったところであとは家路についたのであります。

この歳になりますと休息が大事になってきます。車中泊などという無茶をしたせいで正味のところで調子が出ないことになりましたし、その後しばらくはぼうっとしていました。せめて足を伸ばして寝ることのできる車が欲しいです。


それではまた。

by ft_south | 2018-05-14 20:34 | 泊まり旅 | Comments(0)

連休

今年の長期連休は本州の裏ももをなでる旅にでました。
舞鶴でハイウェイから降りて、丹後半島を横切って日本海側に出て、あとはルート9をひたすらダウントゥダウェストいたしました。


沖泊(おきどまり)にて。
石見銀山でディグった銀を運び出す港であります。

e0015174_20445154.jpg

ちょっと引いて。

e0015174_21034448.jpg

お宮さんと集落

e0015174_20471390.jpg

e0015174_20473657.jpg



すぐそばには温泉津(ゆのつ)という温泉場があります。

e0015174_20511346.jpg

e0015174_20571048.jpg


レトロ情緒の漂う温泉街です。

e0015174_20545481.jpg

ここはキャフェ。

e0015174_20534759.jpg

インスタ用フレームもあります。

e0015174_20541348.jpg

e0015174_21002348.jpg

e0015174_21281469.jpg

e0015174_21003732.jpg

e0015174_21274589.jpg

e0015174_21280150.jpg


松江のキャンプ場でテン泊の予定だったのですが、現地で今日はいっぱいなのでダメですと言われて、それが16時。そして僕は途方にくれ、とにかく行けるだけ行こうとふたたび走り始め、夕暮れに疲れた頭と体で朦朧と歩き回った沖泊と温泉津でありました。黄昏時にカメラのファインダーを覗いていたことだけが僕の誇りを支えていました。

それではまた。




by ft_south | 2018-05-13 21:26 | 泊まり旅 | Comments(0)

メルヘンの街

今回のGWキャンプの目的地は清里でした。
e0015174_20564739.jpg


メルヘンの街です。
e0015174_20574191.jpg


e0015174_2059641.jpg


e0015174_20552381.jpg


e0015174_20594429.jpg


e0015174_210472.jpg


e0015174_2113429.jpg


しばしば
おごれるものもひさしからず
の文脈でも語られる。

e0015174_2124413.jpg


e0015174_21303.jpg


e0015174_2131684.jpg


そもそもはポールラッシュさんという方が開拓した土地。

清泉寮(せいせんりょう)
e0015174_2192335.jpg


国道にでて少し行くと
JR 鉄道最高地点(1375m) がある。
e0015174_2110599.jpg


白樺湖から国道299にでて、そこから山麓のスーパー農道を、原村、富士見町、大泉高原をへて清里に至る。八ヶ岳南麓最高!フォー、ってなります。ジブリの風立ちぬにでてくる結核のサナトリウムもこのあたりにあるんですが、あ〜、こういうところでゆっくりしたら体も元気になるかもしれないねっていう感じがします。

とにかく陽気な八ヶ岳山麓、おすすめです。

それでは。
by ft_south | 2016-05-06 21:40 | 泊まり旅 | Comments(0)
GWはキャンプに行ってきました。

八島湿原です。高原はまだ冬枯れたまま。
e0015174_20424654.jpg


「天気晴朗ナレド風ツメタシ」。
この日は西高東低冬型の気圧配置のせいで寒気の影響を受けていたのでした。

霧ヶ峰と八ヶ岳のあいだに白樺湖リゾートというものがありまして、
だいたいそのエリアにキャンプ場がありました。

夢の平キャンプ(1500mくらい)。300円。水場、トイレあり。ゴミも回収してくれる。
e0015174_2046073.jpg


とにかく寒いので持っている物を全部着ました。
そんで、
お湯割りお湯割りぃ〜、でした。
e0015174_20511727.jpg


めしが終わってさっさとシュラフに入ったんですが、寒くてどうにもならない。
20:30にテント内が0.3℃。
それまでなんともなかったのに血を見たとたんに痛くなるタイプの僕は
テントを放棄してすぐに車へ移動しました。

22:30までテントでがんばっていたエイセイ君も車にやってくる。
開口一番放った言葉が
「うわぁ〜えらいトコ来てしまったぁ〜」
である。


明朝。
夕日の丘にて朝日を浴びる霧ヶ峰をながむる。右奥は北ア。
e0015174_21143246.jpg


女神湖畔。
e0015174_21153559.jpg


女神湖と蓼科山。
e0015174_21155885.jpg


帰路、鳥居平より岡谷市街をながむる。右奥が八ヶ岳連峰。
e0015174_21213878.jpg


家に帰ってニュースをみると
志賀高原で雪化粧、横手山の陽坂(1820m)では横なぐりの吹雪云々
と書いてあり、どうりで寒いはずだ、ってなりました。

キャンプ場での僕の装備を簡単に説明すると、
上が、
Tシャツ、ロンT、ネルシャツ、トレーナー、薄ダウンJKT、カッパ
下が、
パッチ(裏起毛)、ジャージ、ジーパン、カッパ、トレッキングソックス2枚
-5℃まで対応と書いたシュラフに入り、
ザックの中に足をつっこむ。
テントはライペンのエアライズ
でした。

寒気をなめるな、ですね。

それではまた。
by ft_south | 2016-05-01 21:30 | 泊まり旅 | Comments(2)

天空宗教都市

先週、高野山に行ってまいりました。

朝のお勤めにまわる若いお坊さん達。
e0015174_19511879.jpg


外国人と若い女性に今人気の、と聞いて行ってきたんですが、
ほんとに多かった。とくに外国人観光客が多かったです。
ソロの自分探しOL風な女性もちらほら。
とはいえ、基本的にはツアーバスの中高年。

高野山と言えば

コウヤマキ
e0015174_202414.jpg


売店もでてる。あと、ふもとには柿の産地があった。
e0015174_2025745.jpg


そしてシャクナゲ。
e0015174_2072151.jpg


金剛峰寺前のシャクナゲ。
e0015174_2082114.jpg


紅葉を楽しんで
e0015174_20102451.jpg


e0015174_2010376.jpg


e0015174_20142922.jpg



お寺をみて
e0015174_2010565.jpg


e0015174_20162133.jpg


e0015174_2016829.jpg


人をみて
e0015174_20151271.jpg


無事、帰路に着きました。

平日の9:00ころに駐車場にINしたのですが、
帰る13:00ころには駐車場の空き待ち行列ができていて、
渋滞してました。

とにかく朝一に着いて駐車場を確保するのがおすすめです。

ばいちゃ!
by ft_south | 2015-11-04 20:29 | 泊まり旅 | Comments(0)

熱風

先日、愛地球博記念公園に行ってまいりました。太閤山ランドみたいもんです。

まずはこの大博覧会から見ようと思って、ずいぶんと大回りをして会場に行ったら
ここではチケットは販売しておりません、と言われました。

e0015174_11304041.jpg


しかたなく公園入り口近くまで戻って、
チケット販売所である思い出のマーニー種田陽平展を先に見学したのでありました。

その後ジブリ展で
宮崎監督手書きの「もののけ姫」企画書など閲覧し、
スナックコーナーでホットドッグをほおばり、
公園常設の「サツキとメイの家」へ向かいました。

いなかもんのスマホも持たない情報弱者が
昼過ぎになってのこのこやって来たところでこの様ですわ。
12:30完売。

e0015174_11233071.jpg


そういうわけで展望台から眺めました。

e0015174_1126892.jpg


しかしまあ、ジブリ博覧会、マーニー展ともに平日なのになかなかのにぎわいでして、
こりゃ土日だったらおれにはムリだなと感じました。

11/8までやっているとのことなので
ローソンチケットで「サツキとメイの家」のチケットを押さえてから
平日に行くのがおすすめです。
by ft_south | 2015-10-23 11:53 | 泊まり旅 | Comments(0)

大沼池

志賀高原に行ってきました。

裏志賀山より大沼池をながむる。
e0015174_1892249.jpg


国道沿いの硯川(すずりかわ)に車を止めてトレッキングコースを歩き始めました。
駐車場の案内板にしたがって歩くとリフトを使わない巻道へはいります。
じきに前山湿原があらわれ、リフト降り場がみえてきます。
e0015174_18154421.jpg


志賀山より名もなき池(たぶんある)。
e0015174_183243.jpg


登り返して裏志賀山より大沼池。
e0015174_18331028.jpg


志賀山、裏志賀山をバイパスして大沼池に至る四十八池コース。
右上の湿原から左にある大沼池にむかって歩く。
e0015174_18335896.jpg


思った以上に下るのでピストンのばあいは帰りがたいへん(観光気分レベルより評価)。
e0015174_18401993.jpg


池のほとりはあかるく気持ちのよい広場。売店もあるよ。
e0015174_18383446.jpg


e0015174_18393361.jpg


国道292号は草津白根山の火山活動の塩梅で交通規制がありました。
群馬側への通り抜けは8:00~17:00のみ可能だったはず。
その辺をチェックしてからスケジュールたててくださいね。

国道292号の渋峠が国道最高地点です。この辺は景色がすごいことになっているので山登りをしなくともドライブするだけでもおすすめです。鬼推しです。

それでは。
by ft_south | 2015-10-09 19:12 | 泊まり旅 | Comments(0)

東北日本海側

先週は白神岳登山をメインにしてその周辺をうろついていました。

ポルダーです。
男鹿半島の根元にある寒風山というところから眺めました。

e0015174_17275732.jpg


風合瀬(かそせ)というところです。
偶然いい具合に夕日がさしたので車をとめました。

e0015174_17332096.jpg


そのまま津軽半島へ入りました。

ベンセ湿原。

e0015174_17375100.jpg


海の側にこんな風景が広がっているということが不思議に感じられました。

e0015174_17375269.jpg


e0015174_173635100.jpg


このへんでは岩木山が目立ちます。

e0015174_17385040.jpg


e0015174_17441344.jpg


そして竜飛岬へ

e0015174_17452316.jpg


まずは展望台にのぼる。

e0015174_17465891.jpg


そしてさらに車でくだると

e0015174_17505244.jpg


竜飛リゾートになってる。
階段国道もあるよ。

e0015174_17463651.jpg



あとは異常に発達した低気圧が云々、ということでゴーホームすることにしました。


竜飛岬は「竜泊ライン」という道が素敵なので
中泊側からアクセスするのがおすすめです !

PS、竜泊ラインは冬期は通行止めらしいです。
by ft_south | 2015-10-05 18:04 | 泊まり旅 | Comments(0)

白神岳

遠征して白神岳へ行ってまいりました。
白神岳登山道マテ山コースです。

山頂より核心地帯の森をながめる。
e0015174_201415100.jpg


この景色にどれだけの幻想をもちこめるかがこの山行の醍醐味。
僕の場合は、サンがヤックルを駆って森の中をパトロールする姿を思い浮かべました。

はっきりいって地味な登山道です。トチの実を蹴っとばしながら樹林帯を登るようないつものやつ。やがて尾根にでると風衝草原。金剛堂山みたいなもんです。

駐車場から少し舗装道路を登ると登山口があらわれます。
現在、二股コースは通行止めとのことです。
e0015174_20345880.jpg


ヒバ(アスナロ)が多く見られました。
あとはブナね。
e0015174_20402644.jpg


上はガス、下は晴れ。今回もこの調子でした。
e0015174_20424871.jpg


山頂近くにはトイレと避難小屋(3階)がある。
東北には山小屋が少なく、そのかわり避難小屋が立派と聞いたが、そのとおりでありました。
e0015174_20473610.jpg


尾根道より核心側にあるかっこいい尾根を発見。
太陽待ちしましたが報われず。
e0015174_2044071.jpg


そんなわけで、
手つかずの森に幻想を抱ける人にはおすすめです!

それでは。
by ft_south | 2015-10-03 21:54 | 泊まり旅 | Comments(0)

日曜カメラマン 


by ふみ