野沢温泉村

「温泉街のエトランジェ」っていう曲を聴いてからこっち温泉街づいてしまい、ついに野沢温泉へと車を駆ったのでありました。

e0015174_20153299.jpg



今回はメインストリートを抜けて、源泉である麻釜(おがま)までのみちゆき写真を中心に紹介したいと思います。



脇道に現れた古めかしい建物。

e0015174_20233728.jpg



近づいてみるとヨーロッパのよう(行ったことないけど)。自分の見たいように見るのだ。

e0015174_20274619.jpg



レンズを向けたとたんにねころがる犬。

e0015174_20304817.jpg


スーベニール屋。

e0015174_20320181.jpg


まんぢう。

e0015174_20321852.jpg



斜面に作られた集落なのでそこたらじゅうに高低差があって冒険心をくすぐります。


メイン通りより1段低い通り。

e0015174_20352799.jpg


どの通りにあったかはわかりませんが中華屋やすし屋もありました。

e0015174_21004360.jpg




英語の案内もある。


e0015174_21005871.jpg


野沢はスキー場の街でもあるので冬季のみ営業の店もありました。



無料の外湯(右の建物)。賽銭箱が設けてあるのでそこへ志を、というシステムです。

e0015174_20393942.jpg


野沢温泉には他にもたくさんこのような外湯があります。

e0015174_21141529.jpg

e0015174_21111447.jpg


ここはボロいし多層構造だしでとても魅力ある外湯です。

e0015174_21105980.jpg



繁華街を離れる。

e0015174_20460197.jpg



こちらが源泉である麻釜。

e0015174_20470664.jpg


その周辺のショップ。

e0015174_20472940.jpg


異国意匠のお宅を崖下から見上げる。

e0015174_20464846.jpg



野菜の配達をするばあちゃん。

e0015174_20505454.jpg


カラフルなビードロ。

e0015174_20520794.jpg



温泉卵マシン。みかんのネットに卵をいれて蓋を開け湯の中に入れる。

e0015174_20524109.jpg


昼前に現地に着いて歩き始めたのですが、こういうところは客が宿にチェッキンして夕方頃から活気づいてくるのではないか?ということに思い至りました。こんどは遅い時間に歩いてみたいと思います。そしていつかは訳ありな女を連れてお忍びでしっぽり温泉街ライフを満喫したいです。

それでは。




[PR]
by ft_south | 2018-10-14 21:31 | 日帰り旅 | Comments(0)

スマホをもたない日曜カメラマン PS、ipodによりios入手(2017.8)


by ふみ