めし 春キャン5

キャンプレポ、ラストはめし編です。

e0015174_13595613.jpg


テント設営を祝して

e0015174_1412462.jpg


かんぱ〜い

e0015174_14215.jpg


今回はhyくんがフライパンを買ったので
「焼き」に挑戦しました。

まずはベーコンで様子見。

e0015174_144465.jpg


夜も更けて、
パン使いの要領を得たところで、メインの

和牛ステーキ

e0015174_1462389.jpg


e0015174_1471750.jpg


そしてザキヤマでフランベ(味、香りどうのこうのじゃない。炎重視)。

e0015174_1481679.jpg


完成

e0015174_1483822.jpg


おいしくいただきました。

他にも初めてやった
ゆでたまご

e0015174_14103425.jpg


定番のこてっちゃん

e0015174_14103127.jpg


ザキヤマとともに夜は更ける

e0015174_14115050.jpg


最後に
太地で食べたくじら串カツ

e0015174_14144426.jpg


僕らのキャンプはミニマルで
基本的にはリュックサックとスーパーの袋ひとつで道具がおさまります。
これからもイージーライダーような野営をめざして
テントひとつで全国を放浪したいです。

で、行く先々でギャルと仲良くなって、
それに嫉妬した地元の保守的な男にライフルで撃たれる

のはごめんです。

じゃまた!
[PR]
by ft_south | 2014-04-17 14:36 | 泊まり旅 | Comments(2)

クジラの街 春キャン4

大瀧詠一「空飛ぶくじら」とJAM「くじら12号」をかけながら太地町へ入りました。

e0015174_317366.jpg


ここは捕鯨の街。

反捕鯨団体とのケンカで有名です。「the cove」っていう反捕鯨映画でその様子がみられるよ。

おそらくこの場所ではないだろうか。
上の方の入江(cove)に数十頭のイルカを追い込んでモリで突く。そして文字通り血の海になる。

e0015174_3241529.jpg


まわりこんで見ようとしても柵がある。

e0015174_3285613.jpg


e0015174_3292064.jpg


くじらの串カツ。2本500円。ネギマだったわ。

e0015174_3333628.jpg


それじゃね、売買!(つづく)
[PR]
by ft_south | 2014-04-17 03:35 | 泊まり旅 | Comments(0)

古道 春キャン3

熊野本宮への古道を歩きました。

e0015174_112552.jpg


発心門王子というところから歩き始めて
しばらくしたら集落に入りました。

e0015174_1134219.jpg


集会所のようなところ

e0015174_114314.jpg


水呑王子周辺

e0015174_1145636.jpg


花といっしょに撮ってもらいました。

e0015174_1165355.jpg


e0015174_11696.jpg


e0015174_1172195.jpg


e0015174_118958.jpg


柑橘類とお茶

e0015174_119210.jpg


e0015174_1110057.jpg


e0015174_11102713.jpg


核心

e0015174_11122686.jpg


e0015174_11125252.jpg


大きな鳥居が見える丘

e0015174_11135310.jpg


で、ほぼゴ〜ル!

e0015174_11152911.jpg


あと2回は書くよ。buy buy !(つづく)
[PR]
by ft_south | 2014-04-16 11:19 | 泊まり旅 | Comments(0)

世界遺産 春キャン2

ケーダブおじさんの「世界遺産」をかけながら熊野入りしました。

早朝から世界遺産。
e0015174_2103541.jpg


車で移動して、世界遺産。

e0015174_2133647.jpg


座ったところが、世界遺産。

e0015174_2141254.jpg


締めの、世界遺産。

e0015174_216885.jpg


熊野は世界遺産で満たされています。

じゃあね。(つづく)
[PR]
by ft_south | 2014-04-16 02:21 | 泊まり旅 | Comments(0)

丸山千枚田 春キャン1

春のキャンプ第一弾はhyさんと熊野詣に行きました。

まずは丸山千枚田編です。

e0015174_1427967.jpg


横から見る

e0015174_14273471.jpg


e0015174_1428220.jpg


ふたたび上から

e0015174_14283699.jpg


友達と行くと写真を撮ってもらえるのがうれしいです。

e0015174_1435549.jpg


またね〜 (つづく)
[PR]
by ft_south | 2014-04-15 14:40 | 泊まり旅 | Comments(0)

熊野詣 番外

さて、もう少し写真がありますのでupしたいと思います。

e0015174_19271551.jpg


ふるんじゃね?ふるんじゃね?っていう感じ、でてるでしょ。
やばいよやばいよ、タモさんやばいよ、っていう感じが。

e0015174_19253069.jpg


なんか描写が良くないですか?このカメラ。レンズがいいのかな。

x-e1に35mm(換算53mm)レンズをつけて、どれもできるだけ開放付近で撮っています。
フィルムモードはプロネガスタンダード、
シャープネス&彩度をともにマイナス1にして、
ホワイトバランスはオート
jpeg 撮って出し。

e0015174_19285211.jpg


丸山千枚田

e0015174_1939293.jpg


ここはもう降ってしまってる。

e0015174_19424620.jpg


同じ場所からGR(換算28mm)で撮ったもの

e0015174_19472429.jpg


作業小屋

e0015174_19504430.jpg



どこかで「湿り気を撮る」という言葉を聞いて以来、天気のすぐれない日でもカメラをもつのが楽しくなりました。
今回の旅行は天気が悪かったので「湿り気」に意識の焦点をあわせていました。

南紀という土地は雨の多い場所で、その風景は湿り気の中で育ってきたともいえます。
湿り気撮影にはうってつけの場所でありました。

この調子でこれからも x-e1と35mmレンズをつかってじゃんじゃんスナップしていきたいです。

スィーヤ 。
[PR]
by ft_south | 2013-11-06 20:03 | 泊まり旅 | Comments(0)

熊野古道

熊野古道中辺路の、伏拝〜本宮までを歩いてまいりました。クライマックス部分であります。

e0015174_15571396.jpg


本宮にいたる道を歩くために、
まず本宮の駐車場に車を止めて
バスに乗って歩きたいだけ下ります。
滑稽でしょ。

集落の中も通ります。ここは舗装道路を歩く。

e0015174_1604357.jpg


柿を採っていらっしゃる。

e0015174_1624384.jpg


ここで売る。しらんけど。

e0015174_16215022.jpg


このへんのお宅はお茶をつくっている

e0015174_16253283.jpg


こういう場所もある。

e0015174_1635798.jpg


脇道も渋い。

e0015174_1654330.jpg


井戸

e0015174_16244395.jpg



集落を抜けると森に入る

e0015174_16223778.jpg



e0015174_168538.jpg


展望台より大きな鳥居をのぞむ

e0015174_1692795.jpg


石畳の道

e0015174_16102853.jpg


e0015174_15565054.jpg


溝が切ってある

e0015174_16204973.jpg


森を抜けていよいよ本宮というところで公団に遭遇

e0015174_1627067.jpg


と、ここでカメラのバッテリーがなくなる。800円くらいの支那製バッテリーはJPGだけで150枚くらい撮れました。

まああとは前回の記事にあったような風景が広がっているだけです。

最近雑誌では「ロングトレイル」という言葉をおしてきていますし、
金を使うこともなく、プア充の遊びとしてもいばりが効きそうだし、
コースを選べば山登りのようなきつい思いをしなくてもいいし、
パワースポットだし、
いいこといっぱいの熊野古道歩き、おすすめです。

それではまた。
[PR]
by ft_south | 2013-11-05 16:56 | 泊まり旅 | Comments(0)

熊野詣

熊野本宮へお参りしました。
e0015174_1954391.jpg


奇跡の力か、奇跡を信じる力か

クララ スタンズアップ バイハーセルフ !

e0015174_2014447.jpg


この門の向こうに本殿がある。
境内は撮影禁止ですが、がんがんツイートされてます。
聖域というものはもっとも俗度の高い場所だとおもう。俗あっての聖である。

e0015174_2041726.jpg


熊野は神の使いである八咫烏(やたがらす)の住むエリア。

e0015174_20165779.jpg


足が3本なんですって。

e0015174_20173580.jpg


むかし社殿のあった場所には大きな鳥居があります。

e0015174_20193761.jpg


渡瀬温泉のなかにあるキャンプ場で寝ました。南紀はまだ暖かい。

e0015174_20271560.jpg


あと、これの季節になりました。まいうーです。
ソーセージでもなんでも、スーパーで買ったものは全部ここにいれて焼酎をなめていればよい。楽。

e0015174_20393622.jpg



次回は古道を歩いた写真を少しのせますね。

それではまた。
[PR]
by ft_south | 2013-11-04 20:54 | 泊まり旅 | Comments(2)

ill street blues

熊野古道「 伊勢路」の八鬼山(やきやま)越えに行ってまいりました。

e0015174_21223028.jpg


最終地点は ill な路。

誰が倒れてても来る夜明け
この街で勝負 クソ命がけ
生き残れんのはホンモンだけ
ill street blues お前の負け   
(ケーダブシャイン「ill street blues」 )

e0015174_21232678.jpg


「世界遺産」と聞いたら無条件に「善きこと」だと思っていました。

「価値観の違い」じゃない、オレの「勘違い」(MIC jack production「I ain't gangsta」)

ill street blues オレの負け


スタートは尾鷲(おわせ)。火力発電所のある街です。

e0015174_21383981.jpg


ずっと続く石畳。すごい。
e0015174_21422259.jpg


e0015174_2140544.jpg


e0015174_21425462.jpg


e0015174_2144538.jpg


夕立をしのぐ。お地蔵さんにナマステ。
e0015174_21462840.jpg


高度を上げる。
e0015174_21531710.jpg


そして頂上付近の展望広場。海抜600mほど。
九木の集落がみえる。
e0015174_21542161.jpg


あとは三木里側へ「歩いて下山」(tojin)。
晴れてきた。
e0015174_222246.jpg


e0015174_222227.jpg


峠を振り返る
e0015174_223876.jpg


線路を横切って
e0015174_225083.jpg


海に出て終了。ギョ〜ル!

e0015174_228285.jpg


石に苔が生えているところもあるので雨後の下りは危険です。
そして伊勢路一番の難所と言われるだけあって、このコースはほぼ登山です。公式コースタイム4H 。

なんか、古道、いいね。新しい遊びを見つけてうれしいです。

紀伊半島にはまだまだたくさん古道がありますのでちょくちょく歩きに行きたいです。

ではまた。
[PR]
by ft_south | 2013-05-04 22:19 | 泊まり旅 | Comments(0)

スマホをもたない日曜カメラマン


by ふみ