神岡祭り 2017

4/22に行われた神岡祭りにいってまいりました。

e0015174_22175131.jpg



山里は遅き春のよろこびに満ちており、富山とはこんなにも季節が違うのだなと感心いたしました。

e0015174_22195148.jpg


それではさっそく撮影結果をみてまいりましょう。
カメラはX-E1、レンズはXF35mm f2です。


時はお昼過ぎ、今か今かと大行列の出発を待ちわびる舞姫のみなさんに声をかけて、本日のハレジョの撮影は始まりました。
どうやら僕のうしろにカメラさんがいたらしく、目線を独占することができませんでした。

e0015174_11405761.jpg



行列の進行調整のため歩みをとめている獅子社中の囃子方。
X-E1ユーザーのようなAF弱者にはまたとないチャンスと、絞り開放にて笛を吹く少女をとらえたもの。

e0015174_11582692.jpg



行列をおえて、JA広場にて舞を披露するためにたむろしていた舞姫のみなさんに撮らせてもらいました。
緑チームの衣装はJAのイメージカラーと似つかわしい。

e0015174_12062638.jpg



舞姫白チーム。
うしろの幕のおかげでトリコカラーな画面になった。
メーシーボークー、マドモアゼール !

e0015174_12171286.jpg



何かの出番待ちをしていたマロ系女子たちをスカウトいたしました。
ド順光でまぶしいけどちょっとがまんしてねと、旬の花を背景に1枚撮らせていただきました。

e0015174_12273862.jpg



大津神社の高台より鉱山側をのぞむ。
この屋根の下ひとつひとつに、僕や僕の家族や友人たちが歩んで来たのと同じような人生があるのだな、としばし旅情にひたる。

e0015174_14181399.jpg



さて、神岡祭りは3つの神社の合同祭であるらしく、僕の停めた駐車場のほうにある白山神社の縄張りにもおじゃまいたしました。

e0015174_13113336.jpg



お〜、おまえらスターみたいだな!と世話役の大人にひやかされながら大勢のカメラマンの期待にこたえる舞姫連。

e0015174_13241916.jpg



こちらの地区はお獅子のなかに女の子がはいっていました。
これはいい、これはいい、と、さっそく声をかけ撮影させていただきました。

e0015174_13150329.jpg



角をまがるとそこにはもう1組の獅子女子たちが出番待ちをしていましたので、そのままくつろいでいるところを撮らせてくださいと言ってシャッターを切ったもの。

e0015174_13165655.jpg



そして囃子方の笛を吹く少女たちです。
笛になるとみんなカメラおろすんですよねぇ、と吐露する年長少女の声に、「見せたくてパンクしちゃう」(「1/2」川本真琴 )気持ちをみた4月吉日である。

e0015174_13432109.jpg



同じく囃子方の少女たち。
この地区にはいってからは日が少しづつ低くなってきてドラマチックな光の演出になってきました。

e0015174_13464239.jpg



え〜、わたくし、少し資本投下いたしまして、フジフィルムのX-T2というカメラとXF50-140mm f2.8という望遠ズームレンズを入手いたしました。
今回の神岡で初の実戦投入したのですが、描写はばつぐんです。止まってる被写体にたいしてのAFは早くて快適です。
これからも、画角に慣れること、動きものに対するAFの使い方、など経験を積んで行きたいと思います。

X-T2 & XF50-140mm
80mm(換算120mm)域、絞り優先モード 、f 5.6、ss 1/899、iso 200
e0015174_14201669.jpg

それではまた。

[PR]
by ft_south | 2017-04-24 14:47 | スナップ | Comments(0)

美濃まつり

うだつのあがる町「美濃」に行ってまいりました。
美濃まつりのスナップです。

e0015174_18183314.jpg


(土)が花みこしで(日)が山車&練り物というスケジュールだったのですが、
土曜日に雨が降ったためにすべてのプログラムが(日)の8:00頃からスタートすることになりました。

午前中はあいにくの雨でした。
せっかく遠征してきたのにメートルがあがらない。

e0015174_18172106.jpg


花みこしのクライマックスは広岡交差点でのひと騒ぎ。

e0015174_18534704.jpg

そのまえに通りにみこしを並べて担ぎ手たちは腹ごしらえをします。
ちょうど雨があがり、わたくしの活動はスタートいたしました。

機材はX-E1にXF50mm f2と、D600にDX18-200mmでございます。


まずは、「め組」と呼ばれる女みこしの社中から美女揃いのスナップをご覧くださいませ。

e0015174_18300618.jpg

e0015174_18321051.jpg

e0015174_18492585.jpg

e0015174_18495655.jpg

e0015174_18505612.jpg


そして各町内のお姐さん方にも出演していただきました。

e0015174_18555872.jpg

e0015174_18572427.jpg


常におもしろい自撮りを追求。

e0015174_18593788.jpg

e0015174_19020276.jpg


飲ませ上手なお姐さん。

e0015174_19534290.jpg


時がきて広岡交差点に向かう「め組」のかぶき様はさながらイモータンジョーの軍隊であります。

e0015174_19055445.jpg



終わり頃には日が射してくる。

e0015174_19154131.jpg


以上、美濃まつりのスナップをお届けいたしました。
来年また行きたい祭りがひとつ増えました。
いや〜、お祭り女子ってホントにいいもんですね。

それでは。



[PR]
by ft_south | 2017-04-13 20:11 | スナップ | Comments(0)

郡上八幡

先日、郡上八幡へ行ってまいりました。
あ、今回は若い女の子はでてきません。あしからず。

民俗学者宮本常一先生の、まずは小高い場所にのぼって集落を眺めなさいという教えにのっとって、
郡上八幡城のある山へのぼりました。

e0015174_21180066.jpg

前日は雪がふったので家々の屋根は白くなっています。

e0015174_20142392.jpg

その後、観光協会のある旧庁舎まえ駐車場に車をおいて散策にはいりました。

すぐにインパクトの大きい景色が飛び込んできます。
川に面する建造物の裏側群。デヅニーランドなら夢の膜(幕)で覆われるところも山間の街ではあらわ。

e0015174_20285327.jpg

ブラタモリ以降すっかりおなじみとなった地理概念「高低差」。
わたしもみつけました。
下の道から上の道をのぞむ。ちなみに下の道をもう少し進むと川がありました。

e0015174_20425214.jpg

古い町並み。

e0015174_20474625.jpg

火事に気をつけているようで軒には必ずバケツがぶら下がっています。

e0015174_20490387.jpg

トランプ贔屓。

e0015174_20502885.jpg

水場への小径。

e0015174_20535686.jpg

水場。
ほこらの下に水源があり、それに近い方のプールから順に清浄度が落ちていく。最初のプールが飲み水で最後が洗濯というおなじみのシステム。

e0015174_20541966.jpg

この日はX-E1に35mm f2のコンビで撮影していました。

e0015174_21080810.jpg

光を食むイルミ犬。

e0015174_20595338.jpg

とにかく消火。

e0015174_21013263.jpg

いい雰囲気の建物。

e0015174_21031138.jpg

花屋さん。

e0015174_21040457.jpg

花。

e0015174_21045234.jpg

今回は観光協会マップにあるおすすめコースをたどっての散策でした。
ゆっく〜り撮影しながら歩いても2〜3時間ほどしかかかりません。
こんどは踊りの季節に訪れてぜひとも浴衣の女の子を撮影したいです。

それではまた。

[PR]
by ft_south | 2017-01-29 21:37 | 日帰り旅 | Comments(0)

ハレジョ

2017年1回目の更新は前前前世の町からお届けいたします。
ご存じのように1/15はこの冬一番の寒波がやってきました。
そんな中、飛騨古川町で三寺まいりという行事がありました。

1組目は真宗寺にてスカウトいたしました。
名古屋方面からいらっしゃったというお二人。
こちらの方はすごい雪なんですねとの感想に、今日は特別ですと教えてあげました。

e0015174_20310568.jpg

わたしのスマホンでも撮って欲しいとのことで、
じゃあ向こうにある南天の実をいれて撮りましょうねと場所を移し、
スマホンを受け取り撮ってあげた後に、
ついでに僕のカメラでも、と言って撮らせていただいたもの。

e0015174_20393521.jpg

この日の機材はD600にシグマ50mm f1.4と、X-E1に56mm f1.2の2台体制でありました。
どちらもほとんど絞り優先モード、ホワイトバランス自動、iso自動です。


続きましてのお嬢さまはこの行事の中心地付近にてスカウトいたしました。
ちょうどいい具合の背景があったのでその前で撮らせていただきました。

e0015174_21142164.jpg


3組目は3人娘です。
今日は足元がたいへんですねぇ、と声をかけたら3人中2人が長靴対応だったという、
紋切り型言葉の無力を感じながらの1枚。
撮る前によく見ろ。今年の課題です。着物の裾から長靴がのぞいてる画のほうがよほど土地と人にせまっていたではないか。

e0015174_21290640.jpg


4組目のおふたりです。
雪が降っていたうえに、僕の後ろにカメラマンが並んでしまったので
ろくにコミュニケーションもとれないまま撮影を終了してしまいました。

e0015174_21363863.jpg

こちらが三寺まいりの撮影的中心地です。

e0015174_21422515.jpg

暗くなってからが本番なのですが、
明るいうちにいらっしゃったお嬢さんをスカウトいたしました。

e0015174_21462011.jpg


お祈りのまねごとをしてもらえないかとお願いしました。
おっとろうそくもフレームインしなくては、と後ろへ下がろうと思ったら、
すでに僕の後ろはタダ乗りカメラマンが数人占めていて下がれない。
そんなわけでこの構図。


e0015174_21583689.jpg


続きましてのおふたりです。
あれ、向こうから来るあの2人ってさっき撮らせてもらった人だろうか?
と心配になったので、いったんすれ違って、画像チェックをしたら
未スカウトであることが判明したため、
いそいで追いかけて撮影させてもらいました。


e0015174_22054379.jpg

この場所は、ホワイトバランスがうしろの白熱灯にひっぱられてしまい、
肌色が青くなってしまったため、JPGデータをソフトで修正しました。

e0015174_22124843.jpg


続きましてはマッチ売りの少女かはたまた花売りの娘さんか、
なにやらカゴを持って街頭に立つお嬢さんがいらっしゃったので
声をかけてみましたところ、選挙のキャンペーン娘でございました。
カゴの中のウエットティッシュをいただき、撮影させていただき、
礼をのべてその場を辞しました。
人が遊んでいるときに働いているなんてえらい。

e0015174_22222714.jpg

本日の僕的ナンバーワンの写真です。
いい感じに撮れました。雪国に来たぞという感じです。

e0015174_22443763.jpg

もう一度中心地に挑戦。
かわいい子が向こうから歩いてきたのでさっそく出演交渉しました。
場所を決めて撮影を始める頃には僕のうしろでは囲み撮影状態。
これまたろくにコミュニケーションをとれないまま終了しました。

e0015174_22544133.jpg

もうずいぶん暗くなったし帰ろうかなと思った矢先、
ちょっと派手めのお姉さんを見かけ、
当然無視することもできずに声をかけました。

e0015174_22593704.jpg
連れのお嬢さん。

e0015174_23011413.jpg

以上、三寺まいりのスナップでありました。

理系女子みたいにハレの日の女子を「ハレジョ」って名付けてみたんです。
この言葉を誰か他に使ってるかな?と思ってググってみたら
「ハレンチ女学園」みたいなのがたくさん出てきたけど
ハレの日という文脈では出てきませんでした。
そんなわけで我が物顔で「ハレジョ」を使っていきたいと思いますので宜しくお願いします。

それではまた。

[PR]
by ft_south | 2017-01-17 23:31 | スナップ | Comments(0)

もみじがり

先週末に紅葉狩りと称して快晴の白川郷へ行ってまいりました。
観光地の多分に漏れずコチラ白川郷も外国人のお客さんでいっぱいでした。
e0015174_21374628.jpg


木に残った葉の様子を見るにもう少しは落ち葉掃きが続きそうだねばあちゃん、
とねぎらいの気持ちをこめてシャッターボタンを押したもの。
e0015174_2144542.jpg


ばあちゃん家の屋根。
e0015174_21463336.jpg


山の手の路をあるいていたらあらわれたでかい屋根。
e0015174_21471887.jpg


ここまではカメラX-E1、レンズXF56mmf1.2で、開放近くで撮っています。
このさきはカメラs5pro、レンズsigma35mmf1.4 artで、開放1.4で撮っています。

f1.4だと物干竿横棒にしっかりとパープルがでてるし
ふとんやなんかもモヤっとした感じがする。
e0015174_215314.jpg


うしろの山と家屋が親子みたいだなと思って撮ったもの。
e0015174_21583072.jpg


三つ子の合掌造り。
画面に子供が登場するあたりつげ義春や岡本太郎の写真みたいじゃね、
と気に入っている1枚。
e0015174_2203821.jpg


家屋の雪囲いをはじめる老夫婦。
e0015174_2263394.jpg


露出を変えて何枚か撮っていたらうしろに人がならんでしまったのでさっとやめた最後の1枚。
e0015174_2214583.jpg


帰り道、上の駐車場へむかう坂道より撮ったもの。
e0015174_22144041.jpg


下の駐車場はすごい行列で、国道まであふれて渋滞を起こしています。たまたま国道を走っているひとはかわいそう。
上の駐車場は遠いけどシャトルバスがあるので、スムーズにリーチインできます。
交通整理の人が並んでる車の運転手にそのように説明してるんですが、上に行く人があまりいないんです。
こういうのを見るだにつくづく都会人の「行列文化」はすごいなと思います。がまんすればいつかきっと自分の番がくる。


かあちゃんがとうとうインターネット(スマホ)を手に入れました。
昔をなつかしんで検索ワードに前ブログタイトルをえらび、はからずも息子の痴態(当ブログ)に遭遇して悲しい思いをさせないようにタイトルを「光のなかでつかまえて」に変更しました。親孝行のひとつだね。
ご存知サリンジャーの「キャッチャーインザライ」のおしりに「ト」をつけて邦題化したものであります。ブログの中身は相変わらずです。今後もどうぞよろしくお願いいたします。

それではまた。
[PR]
by ft_south | 2016-11-12 22:49 | 日記 随想 | Comments(0)

こいの池

ツイッターにもフェイスブックにもアカウントをもたないのに、SNSで人気のモネの池に行ってきました。

D40にニッコール50mm f2 。マニュアルフォーカスなので蓮の葉にあわせて「鯉待ち」しました。
e0015174_180173.jpg


駐車場には警備員が2人います。8:30には満車でしたが入れ替わり立ち替わりでなんと入れました。
e0015174_1831474.jpg


25℃くらいでハスの花がひらくので11:00以降が見頃とのことです。
e0015174_1892413.jpg


GRにPLフィルターをつけて水面の反射をカットしてる。
e0015174_1813363.jpg


人が多いし、相手がトトだしで、なかなか思うようにはいかないです。
e0015174_1811447.jpg


絞りが浅いうえにピンボケだったのですがむしろこちらのほうが油絵っぽいかも。
e0015174_18153437.jpg



まさか鯉の池を撮るために岐阜まで車を走らせるとは、平和というかヒマというか人生何があるかわからないからあきらめないでというか、そんな週末でした。

それでは。
[PR]
by ft_south | 2016-07-03 18:21 | 日記 随想 | Comments(0)

ホワイトロード

ホワイトロード(白山スーパー林道)に行ってきました。
通行料も軽四で1400円とかなりお安くなりました。

e0015174_16234776.jpg


天気はよいのですが気温が低くて寒かったです。手が冷たい。

e0015174_16251184.jpg


e0015174_16255965.jpg


案内板によると右側の雪をかぶってるっぽいのが猿ヶ馬場山、その左が籾糠山(こんなにピーキーか?って感じですが)。
e0015174_1637516.jpg


白川郷方面
e0015174_16485960.jpg


姥ヶ滝
e0015174_16504424.jpg


e0015174_16502257.jpg


僕は岐阜側から石川へと抜けました。
途中、「ふくべの滝」というこの林道最大の観光スポットがあるのですが、
駐車場がちいさいので、石川からきた車は行列をなしていました。
岐阜側から鼻くそほじりながらやってきた僕が、この行列を制して駐車できるとも思えなかったので、あっさりとスルーしました。

僕の実感では「ああ、紅葉には少し遅かったな」というところでした。でもぱっと見は山肌が赤いので、そんなにこだわりませんという人であれば、ぱっと見で走るのがおすすめです !

それでは。
[PR]
by ft_south | 2015-10-26 17:34 | 日記 随想 | Comments(0)

熱風

先日、愛地球博記念公園に行ってまいりました。太閤山ランドみたいもんです。

まずはこの大博覧会から見ようと思って、ずいぶんと大回りをして会場に行ったら
ここではチケットは販売しておりません、と言われました。

e0015174_11304041.jpg


しかたなく公園入り口近くまで戻って、
チケット販売所である思い出のマーニー種田陽平展を先に見学したのでありました。

その後ジブリ展で
宮崎監督手書きの「もののけ姫」企画書など閲覧し、
スナックコーナーでホットドッグをほおばり、
公園常設の「サツキとメイの家」へ向かいました。

いなかもんのスマホも持たない情報弱者が
昼過ぎになってのこのこやって来たところでこの様ですわ。
12:30完売。

e0015174_11233071.jpg


そういうわけで展望台から眺めました。

e0015174_1126892.jpg


しかしまあ、ジブリ博覧会、マーニー展ともに平日なのになかなかのにぎわいでして、
こりゃ土日だったらおれにはムリだなと感じました。

11/8までやっているとのことなので
ローソンチケットで「サツキとメイの家」のチケットを押さえてから
平日に行くのがおすすめです。
[PR]
by ft_south | 2015-10-23 11:53 | 泊まり旅 | Comments(0)

川上岳

天空遊歩道という言葉にひかれて川上岳(かおれだけ)に行ってまいりました。
天気がいまいちでした。

e0015174_20454655.jpg


国道41号を飛騨高山市街地から少し南へ行くとモンデウススキー場へ向かう道に入ります(右折)。
スキー場の手前にダナ平林道への分岐があるのでこの林道を終点まで走ると登山口です。ダートです。

30分ほどで位山(くらいやま)頂上広場です。このへんはドウダンツツジが群生しておりたいへんな風景であります。

e0015174_20533714.jpg


位山からいくつものピークをこえて川上岳山頂へ至る。
この間は1400mあたりを上下する感じ。フラットな道も多いので走ってる人も何人かいた。

e0015174_20552597.jpg


頂上から少し進むと1枚目の写真の風景があらわれます。
この写真はほぼ南向きですので、朝一で登れば紅葉した左腹の斜面を撮れるかもしれません。

ちょっと行って川上岳を振り返る。
夕日があたれば左側が映える。のだと思う。

e0015174_2142311.jpg


行きに3時間かかれば帰りも3時間かかるという、
まるで通勤のようなトレッキングでもかまわないという方には、おすすめです!

それでは。
[PR]
by ft_south | 2015-10-11 21:15 | 日帰り旅 | Comments(0)

玉手箱をあけないしまうらのろーたー


by ふみ