金沢ゆめ街道 2017 本編

前回に引き続き、金沢ゆめ街道の本編にいってみたいと思います。
演舞はいろんな場所や時間で何度もやるのですが、時系列はバラバラにUPします。あしからず。


まずはよさこい。コンサフリーク北海道武蔵女子短期大学のみなさんです。

e0015174_19190301.jpg

最初はツバキの衣装なんですが


e0015174_19204590.jpg

次第が進むと

e0015174_19213307.jpg

チアに早替わり。だんぜん盛り上がります。

e0015174_19230806.jpg


e0015174_19225195.jpg


続きましてのご紹介も北海道より
北海道大学「縁」さんです。

e0015174_19274089.jpg


イントロからお客さんをあおりまくったうえに、クライマックスは六尺。
会場は大盛り上がりです。僕なんかこの日3回目のふんどしだったにもかかわらず、周りの歓声につつまれて鼻の奥の方がじんときてしまいました。

e0015174_19315199.jpg


ところで、夜の会場は正面ステージにむかって右側に強烈な照明があります。
順光で人物に露出をあわせると背景が真っ黒になります。僕は背景出したい派なので人物と背景の輝度差が小さくなるように逆光を狙ったという次第であります。


e0015174_19463311.jpg


フレアなどを考えると光源から離れた後方での逆光が良いと思いますが、
離れる分光量が落ち、必然高感度になるし、SSも遅くなります。

e0015174_19450884.jpg



途中で雨が降ってくる。

e0015174_19525409.jpg


甲本ヒロトいわく、雨でも降らなきゃ野外でやる意味がなかろう。


狂喜乱舞しているようにみえる。

e0015174_19541374.jpg


感謝しているようにみえる。

e0015174_19543832.jpg




life is a gamble をモティーフにした演舞。
京都の「狼煙」さんです。

e0015174_20071634.jpg

早替わり前。さいころ。

e0015174_20073288.jpg


前回の記事で紹介した踊り子さんが別のチームでも演舞していらっしゃいました。
よくみると耳飾りが花札ではありませんか。

e0015174_20094085.jpg

e0015174_20095699.jpg


あ、機材はT2に50-140mm。AF-C & ゾーンでやってます。

e0015174_21301627.jpg


トランポリンの選手がいたのでシャッターボタンを押したらこの位置。

e0015174_21314093.jpg


イベントと関係ないのですが、初めて武家屋敷のトコに行ってきたので記念に一枚とりました。

e0015174_21362441.jpg


以上、金沢ゆめ街道のスナップでありました。

このほかにもフラダンスや絵描きさんや自衛隊行進など、被写体には事欠かないこのイベントに、来年もまた馳せ参じたいと思います。


それではまた。



[PR]
by ft_south | 2017-08-18 21:57 | スナップ | Comments(0)

金沢ゆめ街道 2017 番外編

連休中は金沢ゆめ街道というイベントに行ってきました。

e0015174_19240896.jpg

そこでバレエ教室の生徒さんたちのダンスをスナップして、
うわ〜、キレイなもん撮ってしもた〜。と感銘をうけてしまいました。
彼女らの体の線がキレイなことに関しては親御さんありがとうだし、
その線をさらに美しく見せるための振りやポーズに関してはバレエの歴史ありがとうだし、
何よりもおそらくは小さな頃から稽古を続け、技術の習得に身を捧げてきたバレリーナのみなさんありがとう!です。


e0015174_19342856.jpg


この日の機材はT2に50-140mmです。


18:00が過ぎて、高層ビルに挟まれた会場は割と暗く、
1枚目の写真あたりは f2.8 ss1/200 iso1250 といった具合です。

e0015174_19582201.jpg


AFは「AF-C & ゾーン」のコンビを使っているんですが、
少し暗くなると動きが鈍くなる印象です。1発めの食らいつきも、食らいついてからの粘りもです。
ただ、今回は強い逆光条件で撮影していたのでその影響も大きいと思われます。



e0015174_19575560.jpg


そんなわけでピンボケショットも多いですが、そんなことは補って余るくらい彼女らは美しく、
感銘を受けるとともにカメラ技術をあげるべく研鑽を積みたいなと気持ちを新たにしたのであります。


e0015174_19590317.jpg


とにかく写真をUPしますね。

e0015174_20035693.jpg

場所は北國新聞の前あたりです。

e0015174_20043918.jpg

e0015174_20044718.jpg

e0015174_20045973.jpg

e0015174_20051170.jpg



そして同じ文脈で
よさこいの踊り子さんの中にもキレイな方がいらっしゃいました。


e0015174_20191331.jpg

場所は金沢駅前です。

e0015174_20192481.jpg
e0015174_20193569.jpg


こちらは駅地下です。
f2.8 ss 1/320 iso 1600 。
照明が用意されているのですがさすがにガクンと光量が落ちています。

そしてここでもAF-C & ゾーンに違和感を感じました。

e0015174_20194506.jpg

e0015174_20195507.jpg


そんなわけで金沢ゆめ街道レポの導入として番外編「うつくしいひと 金沢」をお送りいたしました。

次回は本編をUPの予定です。

それではまた。


[PR]
by ft_south | 2017-08-15 20:38 | スナップ | Comments(0)

帰省人(きせいじん)

首都の学校が休みに入り、ヂモティーの友達と海でくつろいでるという設定の撮影をしてまいりました。

e0015174_20275720.jpg


設定といってもつまりは事実でありまして、


帰省人のなおさんです。


e0015174_20324414.jpg


お友達のさかさんとひまわり畑へ行きました。

e0015174_21003598.jpg

花の見頃も人出も気温もピークで、ほんとにクレイジィな午後でした。


そのあとはメインの海撮影です。

e0015174_21085732.jpg


今回はブログ用に写真をRAWデータから現像しました。
夏のエネルギィに同調してビビッド仕上げにいたしました。



写真を撮るのははじめてとおっしゃっていましたがポージングがお上手です。

e0015174_21141442.jpg


e0015174_21174130.jpg

e0015174_21253121.jpg


浅い絞りにしてSSが1/250以下になるやストロボの発光量ががくんと落ちたのがかえって良い雰囲気になったという拾い物。

e0015174_21185587.jpg


落とし物のうきわを再利用。リサイクルの精神で撮られた高尚なカットである。

e0015174_21261554.jpg


本日の僕的ベストショット。

e0015174_21300808.jpg

e0015174_21315663.jpg


なおさん、さかさん、酷暑の中での撮影、どうもありがとうございました!


3週連続で撮影してこれでひと区切りです。ふぅ、ていう感じです。
「カワイイも休み休み撮れ」という言葉を思いつきました。


それではまた。





[PR]
by ft_south | 2017-08-07 21:56 | Comments(0)

ハタチのわたし3

前回のゆかたに続きまして夏のよそおい第2弾「ひまわり畑」です。


e0015174_19534857.jpg



ざわわ ざわわ ざわわ 広いひまわり畑は 風が通り抜けるだけ

e0015174_19462598.jpg



ざわわ ざわわ ざわわ 雨上がりのひまわり畑は 足がどろんこになるだけ

ということでクロックスを持ってきてもらったのは大正解でした。

e0015174_19492965.jpg


過酷な現場でした。


e0015174_19591670.jpg

e0015174_20270940.jpg



そんでもって七夕まつりね。

e0015174_20044770.jpg



この日のベストショット。

e0015174_20062190.jpg


なぜそう思うのかはまだ解析していませんが、とにかくそういう年頃。

e0015174_20163613.jpg


背景になりそうなものは全部使ってみる。

e0015174_20310918.jpg

座のあるものには全部すわってみる。


e0015174_20331409.jpg



メーンストリートから路地にはいる。

e0015174_20185629.jpg


この日唯一の日光。

e0015174_20202042.jpg



以前に緑のドアの前で撮ったのがあるからそれと対にしてやろう、という1枚。

e0015174_20214779.jpg


無事3回目の撮影を終えることができました。
のあさん、暑い中での撮影ありがとうございました。

さて、梅雨が明け、いよいよ夏真っ盛りになってまいりました。
悔いの残らぬよう全力で駆け抜けたいです、
と空ブカシするあたり、体力気力減衰のあらわれだなと自戒して、
安全に生きてゆきたいと思います。

安全な夏。なんちゅうネガティブな響きじゃ。

それでは。






[PR]
by ft_south | 2017-08-02 23:22 | 日記 随想 | Comments(0)
先週末はゆかた撮影に行ってまいりました。

キャストは左より、
あやさん、みおさん、かなこさんです。

e0015174_19044402.jpg


「ビートルズ」

e0015174_19064567.jpg


は?3人だし、横断歩道もないし、て言われる気持ちはわかりますけど、
列をなして左から右にむかって歩けばビートルズだし、
奥から手前にむかって歩けばレザボアドッグスなのである。


JOJO 5部 暗殺チーム(2013年撮影)
e0015174_19192087.jpg


閑話休題。


さて続きましての作品です。


「ちよこれいと」

e0015174_19273572.jpg


あの遊びの名前は「ちよこれいと」という表記がばっちりであろう、
というキャンペーン用ポスターのために撮りおろした1枚。
あとはクライアントが現れるのを待つばかり。凡人にできることといえばまずは準備なのである。



片目を何かで隠すという「かわいい」をやってみたかったのですが、
雨宿りに入ったカフェーには注文したホットサンドに付け合わせの香草しかめぼしいものがなくて、
いまいちかわいさに欠けるのでは?と半信半疑の1枚。いや2信8疑くらいか。

e0015174_19555888.jpg


しょーもないアイデアにつきあってくれるあやさんにこの場を借りて御礼申し上げます。いつもありがとう!




あとはナチュラルな写真がつづきます。

e0015174_20042429.jpg

e0015174_20083048.jpg



e0015174_20091872.jpg




こちらは「しゅけいちょう」の呼び名でおなじみの主計町(かずえまち)です。

e0015174_20100954.jpg


あかり坂。
e0015174_20115674.jpg


e0015174_20124798.jpg


e0015174_20130993.jpg


町家を利用した休憩所にて。

e0015174_20141143.jpg

e0015174_20151658.jpg

室内にはいくつかの強いライトがついていて、まるで映画のような画になりました。

e0015174_20155681.jpg

オフショット。

e0015174_20230905.jpg

以上、ゆかた撮影のもようをお届けいたしました。
雨の中、参加された皆様方、どうもありがとうございました。



雨の中で開き直るというか1本プツンと切れてしまった瞬間に始まる狂気の世界ってあると思うんです。ロックフェスで雨にふられたことのある人なら覚えがあると思うんですが、祝祭レベルが1段階あがる感じです。私たちを取り巻く常識からの解放です。
そんな気分で撮影してみたいなという女優さんいらっしゃいましたらぜひ誘ってください。こちとら雨撮影やりたい盛りです。

それではまた。


[PR]
by ft_south | 2017-07-25 21:22 | 日記 随想 | Comments(0)

あばれ祭り2017

おまちかね、お祭り女子の撮影です。

奥能登は宇出津(うしつ)の「あばれ祭り」に行ってまいりました。
ちなみにwikiを調べたら梅佳代さんが宇出津高等学校卒業となってます。ちょっと内陸の柳田出身とのことです。

e0015174_20354874.jpg


あばれ祭りといえばたいまつやあんどんのオレンジ色なイメージなのですが、
僕は肌色が好きなのでお天道様ののぼる昼の部に焦点をあてて撮影いたしました。


機材は、D600にタム70-300mm(A030)と、X-E1に35mm f2をもっていきました。
みこしを担いでる写真がD600で、ピースしているのがX-E1です。


e0015174_20460364.jpg


タム70-300は動きモノでは初出勤でした。
手ブレ防止がついているといえ、僕の腕では手ブレ連発でした。300mm域というものはよほど気を使わなくてはならないと思い知りました。

e0015174_20532535.jpg

AF-C 39点でピントを追っかけました。

e0015174_20543459.jpg



地面にスマホンをおいて2ショ自撮りに励むおふたりをみつけたので、
撮りましょうか?と声をかけ撮影してあげたのちに、それでは僕のカメラでも、といつもの手管でゲットしたお祭り女子の写真。

e0015174_21080858.jpg


e0015174_21130043.jpg

e0015174_21134131.jpg

e0015174_17573571.jpg



ヤマダデンキ。

e0015174_22062706.jpg



すらっとした居ずまいとかぶいた柄のシャツにひかれ撮影しました。

e0015174_21260971.jpg


e0015174_21265543.jpg


しめにお友達と一緒のところをおじゃまして一枚いただきました。

e0015174_21185780.jpg


もうひとりかぶき者を発見。
髪の黄色とシャツのブルーが断然目立っていました。

e0015174_21323973.jpg

e0015174_21333115.jpg


〆に1枚いただく。

e0015174_21342111.jpg

肩にあてるクッション。

e0015174_22073923.jpg


黄昏時の光を背に1枚いただきました。
絞りが2.2のままだったので、ごめんもう1枚撮らせてといって撮り直しましたが、
あとでチェックしたところf2.2のこのカットが3人とも深度内に入っていたという奇跡の1枚。APS-Cならありなのかなぁ。

e0015174_21362409.jpg


e0015174_21422249.jpg


パトラッシュ、僕はもう疲れたんだ。


e0015174_21493038.jpg


おつかれさまです。


最後に。
微ブレ。萌えブレ。いや、びびりブレしてました。

e0015174_21523463.jpg



今回初めてこのお祭りにおじゃましました。
女子の絶対数が多く、加えて美女率が高い。
つまり「なんだ、パラダイスか!」です。

来年も必ず訪れたい祭りがまたひとつ増えました。

それでは。


追伸、撮らせていただいた方へ、写真をお送りできますのでお気軽に連絡くださいまし。


[PR]
by ft_south | 2017-07-10 18:01 | スナップ | Comments(0)

青柏祭 2017

GWに七尾の青柏祭に行ってきました。

e0015174_19081156.jpg


3つの町のデカ山がでるのですが、そのうち2つに女子チームがありました。


まず声をかけたのが偶然にも魚町女子会の会長さんでありました。写真を撮らせてくださいとお願いしたらツルの一声で全員を集めてくださり、この日のお祭り女子の半数を一網打尽にするというさい先の良いスタートを切ることができました。

e0015174_19194245.jpg

午後からの練り歩きでもまた撮らせてくださいとお願いして、お礼を言ってその場をはなれました。



この日の機材はD600にニコン50mm f 1.8 と X-T2にXF50-140mm f2.8 でした。


50-140にて(トリミングしてます)。

e0015174_19330879.jpg


同じく50-140にて。
おみくじ売り場にならぶ女子たち。

e0015174_19352858.jpg


すぐに昼休憩になったので、駅ビルの喫茶店でカレーを食べました。



午後は府中町のガールズチームのみなさんから撮影させていただきました。

またしても会長さんに声をかけたみたいです。アウェイにもぐり込んだらまずは土地の顔役への面通しがストレンジャーのマナーとするならば、この日はじつに手堅く事の次第を運んでいました。偶然だけど。

e0015174_19402401.jpg

「写真、blog、OK ?」と言って外国人お祭り女子からブログ掲載の許可をいただきました。オレ本当に高校でたのかなぁ?



黒髪をひっつめて顔つきともに純和風にキマった美女の姿が視界に飛び込んでまいります。

e0015174_20010904.jpg



年少の者の世話をするお姐さん。

e0015174_20130080.jpg



最後にお姐さん提案のポーズで撮らせてもらいました。

e0015174_20015433.jpg



断然毛色のちがうメガネ女子にフォーカス。

e0015174_20112000.jpg

キマったところで1枚いただきました。

e0015174_20043093.jpg



そして編み込んだ髪がカッコイイ正調派お祭り女子。

e0015174_20202247.jpg



ところでデカ山というのがホントに大きくてびっくりします。
ひと角曲がるのに30分くらいかかる。体感時間だけど。

e0015174_20282051.jpg



テコ棒をいれて山を浮かすところ。
唄ったり踊ったりしながらいちいち儀式めいて事を運んで行く。無事角を曲がると自然に拍手喝采となる。

e0015174_20350878.jpg




夕方になり、黄昏時の1枚を撮りにまいりましたと魚町会長に声をかけたところ、またもや集合をかけてくださいました。

e0015174_20223585.jpg

来年プリントして持ってまいりますと言ってその場を辞したのでありました。
会長、ありがとうございました。



一服の準備をするために先回りして休憩所にいた女子に撮らせていただきました。

e0015174_20260606.jpg


屋上からデカ山をながめる中学生。
祭りの喧噪から引き離されてまるで別の空気を呼吸しているよう。

e0015174_20425931.jpg


以上、青柏祭のもようをお届けいたしました。
女子会のみなさまありがとうございました。

来年の連休もぜひ七尾の青柏祭に訪れてみたいと思います。

それでは。







[PR]
by ft_south | 2017-05-09 21:39 | スナップ | Comments(0)

勝山左義長まつり 2017

「春〜よ春よ、こがれし春よ」

すっかり勝山左義長まつりに魅せられてしまいました。

e0015174_20172679.jpg

本日のカメラはX-E1、レンズはおもにXF56mmをつけていました。

e0015174_20293323.jpg

被写体の目にポイントをあわせてAFするんですが、太鼓を叩いていると腕が目の前を行ったり来たりして、僕のカメラではAFできませんでした。
そんなわけであきらめてマニアルでピントをあわせました。はじめてだったのでたいへんでした。


いきなり顔を前にだしてサービスしてくれたのにそれに応えられなかった1枚。

e0015174_20361557.jpg

以下ピントあわせに必死だった数々の写真をどうか見てやってくださいまし。

e0015174_20385241.jpg

e0015174_20402560.jpg

e0015174_20410001.jpg

e0015174_20415510.jpg



e0015174_20422566.jpg


こういうのはマニアルフォーカスがよい。

e0015174_20484336.jpg



なぜかヘンガオをサービスし始めた童子。いっせいにレンズが向けられる。

e0015174_20523956.jpg



これはガチピンなのでAFかもしれない。

e0015174_20530871.jpg



そしていつものように声かけ撮影も。

e0015174_20460602.jpg

e0015174_20462264.jpg

e0015174_20464826.jpg

e0015174_20470510.jpg

このあと雨が降ってきたので夕方頃には引き上げました。

前日人づてに得た情報をもとに、未踏の地勝山へ向かいました。
僕の行った日はこども太鼓ばかりだったのですが、大変楽しかったです。
子どもでもホントに上手に叩くんです。振りつけ、バチさばき、表情、衣装、たちまちトリコです。
家に帰ってからもずっとユーチューブで見てますもん。
来年はぜひ大人のしかも名人と呼ばれる人の太鼓を見たいと思います。

さて次回は金沢東茶屋街スナップの様子をUPしたいと思います。

それではまた。

[PR]
by ft_south | 2017-03-05 21:22 | スナップ | Comments(0)

ハレの日くもり時々あめ

ほうらい祭り(石川県鶴来)に行ってまいりました。
e0015174_16324738.jpg

機材:カメラ X-E1、レンズXF35mm f1.4
設定:絞り優先モード、ISOオート、WBオート、フィルムシュミレーションスタンダード

以前からあるお祭りスナッパーのブログをみて憧れていたのですが、
ついに自分もカメラをぶらさげてハレの現場へ車を走らせたのでありました。


こちらのお祭り、見どころはといえば
金一封を頂戴したお宅の前で演舞を披露しながら町中を練り歩くという
トラディショナルかつストロングスタイルの神輿巡行であります。

この巨大な人形を「造り物(つくりもん)」というらしいです。
e0015174_1772794.jpg

あたしはといえばもっぱら「娘組」のスナッピンに従事しておりました。


まずは1組目。
こんちは、キレイどころ3人娘のお写真を撮らせていただけませんでしょうか?と声をかけたところ、
照れながらもこころよく承諾していただきました。

いよいよ撮影しようという時になって、あたしの後ろにいた男衆が、
かわいいねぇ、いろっぽいよぉ、hue、などと大盛り上がりではやし立ててくれたため、
このうえない笑顔をいただくことができました。ごっつぁんです。
e0015174_16322416.jpg

あたしの記念すべきお祭りスナップ1枚目はこのようにしてシャッターの幕を切ったのでありました。


2組目。
1枚目のビギナーズラックにすっかり気を良くしてしまい、
勢いが衰えてしまわぬうちにと、すぐ後ろの町内へと足を運びます。

こちらは先ほどから何人かの年輩カメラマンが
入れ替わり立ち替わりむっつりとした撮影をしていらっしゃったのですが、
ちょうど誰もいなくなったので、
おっちゃんにも1枚撮らしてください、と言って撮ったものです。

なんだコイツ、話しかけてきやがったぞ、と最初は訝しげな童子たちでしたが
そこは小学生の素早く柔軟な適応力、2枚目を撮る頃には
後ろにいた子も顔を出して笑顔でポーズをとってくれました。
e0015174_182073.jpg

ありがとうの言葉と、
あと5、6年したらもっとキレイに撮ってあげるからねという想いを残して(何様?)
次の造り物へと移動したのでありました。

3組目。
つづきましてはショートカットでまわりこんで先頭の町内を待ち伏せました。
ここが先頭くらいですか?と確信的に話しかけたのをきっかけに撮影交渉に入り、契約成立。
演舞にあわせてお囃子の笛を吹いているところを撮らせてもらいました。
e0015174_19403686.jpg

記念撮影。
e0015174_19421530.jpg


4組目。
最近、マタギの本を読んでいて、
はじめての撮影でこれ以上取れ高があったら
山の神さまが怒るわという考えにとらわれてしまい、
もうレンズを納めようと駐車場にもどる道すがら
目に入った娘さんたちを前にして、
こんどは「ノルウェイの森」永沢さんの名セリフ
「可能性が目の前に転がっていて、それをみすみすやりすごせるか?
自分に能力があって、その能力を発揮できる場があって、お前は黙って通り過ぎるかい?」
(ヤリチンであることのいいわけとして言っている。サイアク。)
に襲われ、さっそくアタック。

撮影交渉に快諾していただき無事撮影できました。
e0015174_2041717.jpg

記念撮影。
e0015174_2035330.jpg


以上、ほうらい祭りスナップでした。


番外。
調子に乗って次の日に高山祭りに出かけて行ったんですが
みごとに撃沈しました。
e0015174_22112959.jpg


ほうらい祭りと勝手が違ったところは
まず演者の若い衆が少ないこと。
そして規模が大きすぎて人が多すぎることです。牛歩レベルです。

交通渋滞がドイヒーだということがわかっていたので
飛騨古川に車をとめて高山線にのりました。
「君の名は」聖地巡礼で古川に来ていたお嬢さん方が
駅構内でヂドリをしていたので、すかさず「撮りましょうか?」
といってカメラをとりあげてシャッターを押してあげたあと、
このカメラを返してほしければ僕のカメラでもあなた方を撮らせなさい
と言って撮影したのが下の写真です。
e0015174_2212221.jpg


さて、このようにしてあたしの新機軸の撮影がはじまりました。
新しい遊びをみつけてわくわくしています。

それではまた。
[PR]
by ft_south | 2016-10-10 20:31 | スナップ | Comments(0)

ホワイトロード

ホワイトロード(白山スーパー林道)に行ってきました。
通行料も軽四で1400円とかなりお安くなりました。

e0015174_16234776.jpg


天気はよいのですが気温が低くて寒かったです。手が冷たい。

e0015174_16251184.jpg


e0015174_16255965.jpg


案内板によると右側の雪をかぶってるっぽいのが猿ヶ馬場山、その左が籾糠山(こんなにピーキーか?って感じですが)。
e0015174_1637516.jpg


白川郷方面
e0015174_16485960.jpg


姥ヶ滝
e0015174_16504424.jpg


e0015174_16502257.jpg


僕は岐阜側から石川へと抜けました。
途中、「ふくべの滝」というこの林道最大の観光スポットがあるのですが、
駐車場がちいさいので、石川からきた車は行列をなしていました。
岐阜側から鼻くそほじりながらやってきた僕が、この行列を制して駐車できるとも思えなかったので、あっさりとスルーしました。

僕の実感では「ああ、紅葉には少し遅かったな」というところでした。でもぱっと見は山肌が赤いので、そんなにこだわりませんという人であれば、ぱっと見で走るのがおすすめです !

それでは。
[PR]
by ft_south | 2015-10-26 17:34 | 日記 随想 | Comments(0)

スマホをもたない日曜カメラマン


by ふみ