<   2017年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

須磨離宮公園

先週末は所用にて神戸市須磨におりました。
待ち時間に公園内を散歩して写真を撮ってまいりました。

e0015174_20383671.jpg


都合、カメラはs5pro、レンズはシグマ35mm art とタムロン90mm を持っていました。


さて、春に「先ず咲く」マンサクでありますが、赤いものをみつけました。
名札には「アカバナマンサク」と書いてました。

e0015174_20505545.jpg


こちらはシナマンサク。枯れ葉は落ちずに残るようです。

e0015174_20523049.jpg


公園内の貸し施設。

e0015174_20580550.jpg


紅葉したモミジを脳内補完して撮った1枚。

e0015174_20585965.jpg


梅園。

e0015174_21011445.jpg
e0015174_21083055.jpg


園内はたくさんの人でにぎわっていました。


タム90をs5につけると換算135mm。迫力の描写になる。

e0015174_21124941.jpg


絵描きさんもたくさんいました。

e0015174_21144717.jpg


そして鳥もたくさん飛んできた。
135mmでもこの大きさにしか撮れなかった。このツバキは大木だったのである。
e0015174_21184342.jpg


モクレンの花芽も小指第2関節くらいになってました。

e0015174_21155912.jpg


風はまだ少し冷たいけど、春が確実にその取り分を取っている、そんな山の手のひとときでした。

都会のベッドタウンへ行くといつもそうなのですが、今回の神戸でも、大きな集合住宅や山の手に並ぶ建て売り住宅を見るにつけ、もうひとつの自分の人生を想像してキュンとなる旅路でありました。


さて次回は福井県勝山の左義長まつりのスナップをupする予定です。

それでは。



[PR]
by ft_south | 2017-02-27 22:05 | 日帰り旅 | Comments(0)

十日町

雪国の中の雪国、新潟県十日町の雪祭りに行ってまいりました。

e0015174_19321327.jpg


十日町の駅

e0015174_19340314.jpg


市街地中にいくつかの会場がありまして、日がなはしご撮影をしていました。
とはいえこの日は雪が降っていたので、カバンからカメラを出すのがおっくうであまり撮影しなかったのですが。


コンサート会場で「今、アッちゃんオレのこと見たよね!」と喜ぶ前田敦子ファンの気持ちに同情しながらシャッターを切った1枚。着物女王のみなさま。

e0015174_19462395.jpg


僕が買ったタコ焼き屋のおにいさんが「ちょっとスキー行ってきます!」と元気よくテントから飛び出し、旗をかついでコースをすべっていました。仕事と趣味の境界線のおぼろが「私をスキーにつれてって」の三上博史のようで好ましい。

e0015174_19513783.jpg


プッチュアヘ〜ンズアップと言ってもクラップュアヘ〜ンズと言ってもレスポンスがない会場の空気は豪雪地帯の寒さよりも身にこたえるだろうけども、がんばれ。

e0015174_20045423.jpg


街の映画館を発見。

e0015174_20164147.jpg


富山なら竹と縄だけしか使わない雪囲いもこちらでは丸太を使用。豪雪ぶりがうかがえる。
って、よく見たら松やね。雪吊りごときではらちがあかないということか。
e0015174_20172434.jpg


美術館の前にて、背景と同じ色合いのウエアを着たわらしが通ったところを1枚いただきました。

e0015174_20195570.jpg


そうか、このへんではかまくらのことをほんやら洞というのか、と、つげ義春マンガを思い出したところで1枚。

e0015174_20224522.jpg


後半、急に天気が良くなったところで、着物のおふたりを見かけました。さっそく撮影交渉して撮らせていただきました。地元で「雪なでし子」という着物サークルをやっておられるとのことでした。

e0015174_20282557.jpg

以上、十日町スナップでありました。

雪が降ってるからカメラを出さないってのはスナッパーとしてナシでしょ、ということでカメラ用の合羽をアマゾンしました。これからは日和ることなくスナップにいそしみたいと思います。

それではまた。



[PR]
by ft_south | 2017-02-23 20:44 | 日帰り旅 | Comments(0)

スマホをもたない日曜カメラマン PS、ipodによりios入手(2017.8)


by ふみ