<   2014年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

おしらせ

e0015174_19443799.jpg



本棚がいっぱいになってきたので今日の午前中はいらない本をピックアップしていた。

ページに挟まれている付箋はすっかりとはずして棚から引き抜いた。むかし「愛の言葉」みたいな本を買った時、気に入った箇所にペンで赤線を引きまくったことがある。それから10数年後の邂逅時にひどく恥ずかしい気持ちになって以来の付箋派なのだ。

午後はふとんに寝転がり畳に積み上げられた本を拾い読みして過ごした。

まるでむかしの歌を聴いてるみたいだなと感じながら、なつかしいフレーズに出会うたびそれを読んでいた頃の自分をぼんやりと思い出していた。

いつのまにか薄暗くなり、少しだけ冷たい風が部屋を通り抜けた。
小便をしようとふとんから起き上がると、本棚にはやがていらなくなるまで読まれることのない本が残されていた。


本日をもって夏を終了いたします。店主敬白
[PR]
by ft_south | 2014-08-30 19:58 | 日記 随想 | Comments(2)

美ヶ原から蓼科 2

2日目は蓼科山です。

前日夕方の様子。山頂だけガス。
e0015174_21444950.jpg


そして登山当日も山頂だけガスという状況でした。

7合目登山口。

e0015174_21453423.jpg


天狗の露地

e0015174_2146497.jpg


見晴らしがいい。女神湖がみえる。

e0015174_21483941.jpg


森の中をのぼる。

e0015174_21492425.jpg


e0015174_21494931.jpg


道は主にこんな感じ。のぼり一辺倒。

e0015174_21505050.jpg


湿ったところもあった。

e0015174_21505332.jpg


e0015174_2151830.jpg


将軍平から先はこう配がきつくなって山頂に至る。

山頂側から将軍平をのぞむ。画面左側の森を抜けて登ってきた。山小屋もあります。

e0015174_21525324.jpg


山頂は広大な溶岩台地。風が強くて寒いのでカッパ必携。

e0015174_2205677.jpg


エッジより下界をのぞむ。一瞬のガスの切れ目。中央には白樺湖。

e0015174_2232112.jpg


あとはずっとコレ。

e0015174_2255811.jpg


しかたなく下山しました。

最後に
車山と白樺湖リゾート。

e0015174_22101756.jpg


標高が100mあがると気温が0.6℃さがることになっています。
白樺湖の標高は1500mなので
岩瀬よりも9.0℃低い(べつに氷見でもいいけど)。

そんなわけでクーラーの風が苦手という方には高原での避暑がおすすめです!
[PR]
by ft_south | 2014-08-07 22:28 | 泊まり旅 | Comments(3)

美ヶ原から蓼科 1

「37℃をこえる猛暑日になるでしょう」と聞くや、
いそいで荷物をまとめて高原に避難しました。

美ヶ原
e0015174_1162260.jpg


空模様がめまぐるしく変化していたので牧場周辺だけうろついていました。
e0015174_116015.jpg


有刺鉄線関係無。畜生やのぉ。
e0015174_1184985.jpg


雪の女王、マーニーと、ちまたの百合ばやりにのってわたしも撮りました。しかもオニユリです。鬼百合。
背景に咲くのはハクサンフウロ。美ヶ原一帯に咲き広がっています。
e0015174_11104960.jpg



続きまして、エコーラインで霧ヶ峰の景色を楽しみながら白樺湖へとくだります。
この日のキャンプは夢の平。

e0015174_11221449.jpg


水場、トイレあり。最低限の設備が好ましい。

e0015174_112338.jpg


受付はメイン交差点にある観光案内所。使用料300円。「すずらんの湯」の100円割引券もここでもらいました。

e0015174_11224392.jpg


夜までその辺放浪。

蓼科山の裾に広がる森。北八ツといい蓼科といい、森が豊か!

e0015174_11291720.jpg


女神湖。

e0015174_11343425.jpg


e0015174_11363695.jpg


e0015174_11363528.jpg



(電気のない僻地に連れてこられたことに反発して)
じゅん :夜になったらどうするんですか(怒)!
黒板五郎:夜になったら寝るんです!

そういうわけでして、次の日の登山に備えてビールも飲まずにR.I.Pしました。
[PR]
by ft_south | 2014-08-07 11:46 | 泊まり旅 | Comments(0)

玉手箱をあけないしまうらのろーたー


by ふみ