マタギをめぐる冒険

「邂逅の森」(熊谷達也)という本が面白かったので、先週、マタギの里「阿仁(あに)」を訪ねました。秋田の北の方です。

森吉山
e0015174_1923582.jpg


この山は1300mほどで尾根にでて、その辺からもう湿原やお花畑になります。
e0015174_19253719.jpg


僕が登った日はガスっていましたがそれでも満足の花の山でした。
e0015174_19281144.jpg


チングルマ
e0015174_19284093.jpg


シラネアオイ
e0015174_19305462.jpg


池もいくつかある
e0015174_19342825.jpg



山形では月山にのぼりました。
8合目駐車場のある1400mほどから弥陀が原とよばれる湿原が広がっています。
登山道の整備された歩きやすい山でした。

e0015174_19432722.jpg


そして肘折温泉をひやかし。
小説の主人公はこの温泉街の女とちょめちょめなんすよね。

e0015174_194695.jpg


あと富山の薬売りもでてくる。マタギのとった熊の胃狙いです。

e0015174_19463395.jpg


マタギ集団は山神様の信仰のもとに獲物をとっています。神様に山の恵みをわけてもらうという考え方です。そして様々なルールやタブーがあり、決して獲物をとりすぎないのです。

生産性とか効率とかお得とか時短とか、わしゃもう疲れた。いったんお休みじゃ。
[PR]
by ft_south | 2014-07-07 20:14 | 泊まり旅 | Comments(0)

スマホをもたない日曜カメラマン


by ふみ